マカの歴史と体に与える効果

マカは南米ペルーに自生している植物です。

ミネラルやビタミンが豊富なマカ

ミネラルやビタミンやアミノ酸などの栄養素を含んだ滋養強壮、精力増強にとても効果的な植物です。 アブラナ科の植物でキャベツなどと同じ分類です。 植物性ハーブの栄養剤として世界中で広く利用されています。歴史は非常に長く、長い間上層階級の人々の食べ物として重宝されてきました。 マカの本種は見た目はカブラのようです。色は白や黄色、紫などがありますが、特に濃い紫のマカモラーダは栄養価が高いとされています。 生命力が強いことで知られており、特に根の部分に栄養を蓄えながら成長していきます。 土の中からたくさんの栄養を吸い上げる根の部分は鉄分やカルシウム、九種の必須アミノ酸などのミネラルを多く含みます。 このほか栄養剤に限らず精力剤、滋養強壮剤など幅広い用途で使用されています。歴史的な話で目を引くのは、はるか昔インカ帝国の時代に、結婚前の若い男女はこれを食べるのを控えるようにとされていたことです。 若い男女がこれを食べると性欲が出過ぎて、結婚前に関係が乱れるという考えがあったためです。

その他の効果

他にも効果はたくさんあります。体質改善や疲労回復、不妊症の改善や美肌効果、更年期障害など女性に特有の症状に効果があるのが特徴です。 ステロールやデキストリンと言った機能性成分を含んでいるので、生殖器の活発化や不妊治療に高い効果があります。 これが滋養強壮や精力増強に効果があると言われるゆえんです。他に含まれているアミノ酸の中には、女性ホルモンの分泌を活性化させる働きもあります。摂取し続けることで、女性を妊娠しやすい体へ変える効果があります。不妊症で悩んでいる女性、二人目がなかなか授からないという女性には期待できる成分です。
マカのキホンの関連記事一覧
マカの栄養や体に与える効果について
マカの歴史と体に与える効果
マカの効果・効能とは

コンテンツ一覧