マカについて説明します

南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物であるマカは、滋養強壮作用があることでアンデスの山に住む人々は3000年以上の間、栽培し常食しています。土壌から多くの栄養分を吸い上げるその根には、鉄分・カルシウム・必須アミノ酸などのミネラル成分が多く含まれ、栄養剤に限らず、精力剤・滋養強壮薬など、幅広い用途で使用されています。

マカの効果

マカがもたらす効果としては、体質改善や疲労回復、美肌効果、更年期障害など、さまざまな効果が期待できます。精子の生成を促進するステロールや、陰茎周りの血流を良くし、勃起不全に効くデキストリン、過敏神経を抑え勃起をスムーズにする効果のあるアルカロイドといった機能性成分も含まれているため、生殖器の活発化や不妊治療に高い効果を得られ、「天然のバイアグラ」とまで呼ばれるようになりました。女性ホルモンの分泌を活性化させる働きもあり、女性の妊娠補助としての効果も期待されています。また、ビタミン、ミネラル、アミノ酸がパランスよく含まれておりとても栄養価が高いため、アメリカでは宇宙飛行士の宇宙食としても使われています。 マカは、自然の植物の根からとった成分がベースになっており、副作用は基本的にはないと言われていますが、一度に大量に摂取してしまうと身体に悪影響が出る可能性もあるので注意が必要です。また服用した方の体質によっては、おなかを下してしまったり、便が緩くなってしまう方もいるようです。また、血流を良くする効果がありますので、高血圧などの方は専門の医師に相談してからの服用をお勧めします。副作用としては以上のようなものがほとんどで、正しい服用方法を続ける限り心配する副作用は特にありません。

マカの生育環境について

根の部分は薬用ハーブとして使われます。古くはインカ帝国の時代から、人々にとって貴重な食物として栽培されてきました。この土地ならではの強い紫外線と酸性の土地、昼と夜の温度差の激しい過酷な環境の中で育ちます。種をまく時期は十月から十一月です。

収穫は一年後の六月から七月で、その後三ヶ月以上強い太陽の下で天日乾燥します。乾燥したマカの根は約七年もの間貯蔵することができるので、保存食として用いられます。根の部分は人間の体に必要な栄養素をたくさん含み、アンデス地方で栽培される植物の中でもきわめて優れた栄養値を示します。乾燥させたマカ100グラム中には炭水化物50グラム、タンパク質10.2グラム、食物繊維8.5グラム、資質2.2グラムと大量の必須アミノ酸が含まれています。鉄分とカルシウムはじゃがいもの倍以上も含まれていて、ほかにリノール酸、パルミチン酸、オレイン酸などの脂肪酸やビタミンB群も含む万能植物です。日本では1997年十一月に、当時のペルー日系法人で現在は日本法人のラティーナという会社が、健康食品として照会したのが最初です。翌年、当時ペリー大統領だったフジモリ氏がペルーの特産品をたくさん日本に紹介しました。

体に与える効果としては、含まれる成分の中にエストロゲンのような働きをする成分と、ホルモン分泌を指令する成分が入っているのでホルモンバランスを整えてくれます。従って、女性特有の生理不順の改善や冷え性を改善します。またたくさんの栄養成分が含まれているので、疲労回復効果やストレスを和らげてくれる効果もあります。実際に根をそのまま食べることが難しい場合は、エキスを濃縮したソフトカプセルやサプリメントが便利です。

コンテンツ一覧

おススメサイト

  • 白髪染め
    本気の若返り対策!それなら白髪を何とかするのが早道。髪の印象で、見た目はすごく変わります。